TOP LEAGUETOP LEAGUE OFFICIAL SITE
TOP > ニュース > 表彰懲罰規則の変更について TOP LEAGUE LOGO
CONTENTS
ニュース
試合予定/結果
順位
成績
表彰
チームプロフィール
選手プロフィール
トップリーグについて
会場地図
チケット情報
ニュース
表彰懲罰規則の変更について

2010-2011シーズン
表彰懲罰規則の変更について
〜不当なプレーに対する裁定においてサイティングコミッショナー、ジュディシャルオフィサーを設置〜


ジャパンラグビー トップリーグは、今シーズンより懲罰規則の一部変更を行い、トップリーグ全試合にサイティングコミッショナー(CC)の設置および同コミッショナーによる 追加的処分の報告を可能とし、表彰懲罰小委員会へのジュディシャルオフィサー(JO)の出席を定めることを決定しました。

懲罰規則の変更、CC、JOの参加は、トップリーグのモラルアップを促すものであり、不正な行為から選手及びラグビー自体を守り、そのような行為そのものを撲滅することを目的とし、設置いたします。
CC、JOは、(財)日本ラグビーフットボール協会のジュディシャルパネルによって指名されます。
詳細については、こちらの表彰懲罰規則のページをご参照ください。


サイティングコミッショナー ジュディシャルオフィサー

【サイティングコミッショナー】
見逃されたレッドカード相当の重い反則や、危険なプレーなどがなかったか、試合会場にて試合及び試合の録画物などを検証する。不当なプレーがあった場合、試合終了後48時間以内にトップリーグ事務局へ通知する。
【ジュディシャルオフィサー】
サイティングコミッショナーらの報告を受け、当該選手、および必要に応じレフリーなどからヒアリングを行うなどし、その証言や試合の録画物などを基に、対象となった事実の有無を判定し、懲罰を科す必要があるかどうかにつき表彰懲罰小委員会に出席し、判断を行う。

サイティングコミッショナー (元レフリー、レフリー資格所有者)
阿世賀敏幸 (関東) 大倉浩美 (関東) 小畔 東 (関東)
三本一洋 (関東) 斉藤直樹 (関東) 高嶋 章(*) (関東)
並木清治 (関東)
辻野雅三 (関西) 平井信一郎 (関西) 高岡秀行 (関西)
丸井康充 (関西) 藤森憲昭 (関西)
川崎重雄 (九州) 竹井史旺 (九州) 三野紀雄 (九州)
吉丸秀利 (九州)

ジュディシャルオフィサー (国内外の弁護士資格の所有者)
光明宏之 (関東) 鈴木育夫 (関東) 宗像 雄 (関東)
渡辺伸行 (関東)
宮島繁成 (関西) 原 正和 (関西) 峯本耕治 (関西)
堀内恭彦 (九州) 用澤義則 (九州) 大野慶樹 (九州)
梶村龍太 (九州)

(敬称略 順不同、*「高」は正しくは「はしごだか」)



2010年8月30日

TOP-LEAGUE.JP

本サービスの全てのページは、著作権により保護されています。
本サービスに含まれている全ての著作物を、著作権者の事前の許可無しに複製、変更することは禁じられております。
2003 Copyright (財)日本ラグビーフットボール協会 All rights reserved.

TOP サイトマップ 関連リンク お問い合わせ