記事

盗難車両を運転中の物損事故につき、車両所有者の責任を否定した事例(大阪地方裁判所平成12年3月13日)(自動車保険ジャーナル1365号)

 

信用組合の旧経営陣による不当融資について、整理回収機構からの損害賠償請求が認められた事例例(大阪地方裁判所平成12年5月24日)(判例時報1734号)

 

信用組合の旧経営陣による不当融資について、整理回収機構からの損害賠償請求が認められた事例(大阪地方裁判所平成12年9月8日)(判例時報1756号)

 

精神病院に入院中の患者の代理人である弁護士及び患者又は保護義務者の依頼により患者の代理人となろうとする弁護士は、精神病院に入院中の患者と面会する権利が保障されているものであるとした事例(大阪地方裁判所平成10年2月27日)(判例タイムズ1002号)

 

精神病院内での暴行死亡事件につき、病院及び実質上の経営者に対する損害賠償請求が認められた事例(大阪地方裁判所平成12年12月22日)(判例タイムズ1073号)

 

土地利用権について区分地上権であるという課税庁の主張が排斥され、課税庁の行った相続税の更正処分決定及び過少申告加算税賦課決定が取り消された事例(大阪地方裁判所平成13年4月13日)(税務訴訟資料第250号順号8880)

 

野球専門学校の実際の授業内容が契約内容とかけはなれているとして、学校法人、理事長等に対する損害賠償責任が認められた事例(大阪地方裁判所平成15年5月9日)(判例時報1828号、判例タイムズ1139号)

 

日本身体障害者陸上競技連盟の行ったパラリンピック出場選手選考について取り消しを求めた申立が却下された事例(日本スポーツ仲裁機構平成16年8月26日)(http://www.jsaa.jp/award/2004-002.html)

 

中学校の校長が高校受験のための出願書類を作成しなかったことについて、国家賠償請求が認められた事例(大阪地方裁判所平成16年10月29日)(判例時報1886号)

 

交通事故による受傷に関し、PTSDであるとの一審の判断が変更された事例(大阪高等裁判所平成16年5月26日)(判例時報1923号)

 

フランチャイズ契約において、契約終了後の競業避止義務規定は有効であるとして、ロイヤリティー相当額等の支払を認めた事例(大阪地方裁判所平成22年1月25日)(判例タイムズ1320号、判例時報2080号)

 

県ボウリング連盟の行った国体ボウリング競技の代表選手選考について、取消を求めた申立人の請求が却下された例(日本スポーツ仲裁機構平成22年9月23日)(http://www.jsaa.jp/award/AP-2010-004.html)

 

21歳男子がバイク転倒を右足で支え半月板損傷を負ったとして5年後から67歳まで10パーセントの労働能力喪失により逸失利益を認めた例(大阪地方裁判所平成24年2月27日判決)(自動車保険ジャーナル1880号)

 

トラック荷台からの落石飛び石事故について、事故同日には路上に再生砕石の散乱記録がなく、請求者に多数回の保険金受領があることなどから、不法行為も事故の偶然性も認められないとした例(最高裁判所平成25年10月17日、大阪高等裁判所平成24年12月13日)(自動車保険ジャーナル1909号)

 

市空手道連盟が行った加盟会員に対する処分について、仲裁判断を終了した例(日本スポーツ仲裁機構平成27年6月24日)(http://www.jsaa.jp/award/AP-2015-001.html)

 

交通事故によって高次脳機能障害が残存した事案について、自賠責保険が認定した等級より低い等級が相当であるとした上、被害者の請求を棄却した例(大阪地方裁判所平成28年1月29日)(自動車保険ジャーナル1975号)